テーマ:

雨にたたられた奥日光の旅

8月も終わりになってようやく時間が取れて 奥日光へ出かけてきました。 いつものことながら 寺社巡りではなく 自然の中を歩くのが目的でした。 ところが 1日目は雨こそ降らなかったのですが 霧が深くて 歩いても歩いても何も見えず、 霧に沈む木々の中にいると不気味にさえなってしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏磐梯 冬近し、わずかに残った野の花

紅葉もなくただひたすら歩く12㎞の道。 足元はふかふかの落ち葉の上、目を上げれば赤く色づいた木の実が目に入り、 木の間からは湖や沼の光る湖面を眺めながらの道程でした。 足元にはわずかばかりの野菊が咲いていました。         枯葉の盆踊り?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉はまだでした。裏磐梯

やっとのことで出かける時間が取れた裏磐梯。 例年なら紅葉が始まっている時のはずが、未だ緑いっぱいで 美しい紅葉は見られませんでした。 しかし 木の実は美しく赤く熟し、木々の間を彩っていました。 ツリバナ              カンボク    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗鞍岳で見た花たち 3

沢山の花が咲いていたので長く引っ張ってしまいましたが、 乗鞍の花たちも今回でおしまいです。 アオノツガザクラ ウサギギク    ミネタネツケバナ              ケシ粒ほどの小さな花    ミヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍岳で見た花たち 2

畳平のお花畑を見た後はあたりを散策 たくさんお花に出会えました。 コバイケイソウ 斜面にいっぱい。 ハイマツの中に    ミツバオウレン 小さな小さな花    ミネズオウ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

高山の花いろいろ 1

山の花たちは お花畑だけで咲いているのではありません。 いたるところに美しく咲いています。 うろうろと歩き回った間に見た花たちを どうぞ。 バスの終着点・畳平に一番近い山 富士見岳に登ってみました。 2818m、岩だらけの山です。 頂上にはケルンが積まれ、東大のコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍高原へ(3) 畳平の花たち

ここで歩くことが目的のクニさんと別れて 高山で咲く花たちを訪問です。 あたりの草原には,ハクサンイチゲとともにクロユリ,コイワカガミ, チングルマ,ミヤマキンバ イ,アオノツガザクラなどなど 沢山の花が咲いています。 一人で見たいだけ花を眺め、景色を眺めるのもいいものですね。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

乗鞍岳の花 コマクサ

高山植物の女王・コマクサが 岩や石のなどの荒れ地で沢山花を咲かせています。 山男たちもコマクサを見ると オオー と声を上げていました。 ★☆ ランキング参加中 ☆★ 応援ポチッと、お願い致します にほん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

乗鞍岳ご来光

朝4時半 2500mの山の上は 10度の寒さ。 雲の上に朝日が昇り、山々に光が当たります。 穏やかな山の朝が明けました。 西の方には北アルプスの山並みが・・・・ 雲海がうねるように動きます。 日が昇ると早…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗鞍高原へ (2)一の瀬園地

標高1500m程の高原は下より5、6度気温が低く、 澄み切った青空と、さわやかな風で体の休まる気持ちの良さでした。 ここからも乗鞍岳がよく見えました。    カラマツソウ          アザミ ヒョウタンボクの赤い実 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍高原へ(1)

1日でも暑さから逃れたいと 乗鞍高原散策と畳平のお花畑を見に出かけました。 通行止めになっていた畳平までのエコーラインも前日に開通し、 ご来光バスもこの日の朝から走り始めたところでした。 山の上は翌日にして、高原内を散策してまわりました。 口笛の小径、白樺の小径などロマンチックな名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高野山・金剛峯寺と大伽藍

電車、ケーブルカー、バスを乗り継いで2時間、塔頭の立ち並ぶ高野山の中心部に入ります。 「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする街です。 山内に点在するお寺は、塔頭寺院(たっちゅうじいん)といいます。 現在では117ヶ寺が存在し、そのうち53ヶ寺は宿坊として、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高野山詣・奥ノ院

両親の法事で大阪へ行ってきました。 大きな目的も終わった翌日、せっかくだからと高野山まで足を延ばしました。 結婚するまで住んでいた大阪なのに、高野山は今頃になって初めて訪れたのでした。 一山(いっさん)境内地ということ 総本山金剛峯寺という場合、高野山全体を指します。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

能登の旅 花たち

まだ能登の旅を引きずっています。 バスでの移動のため 車窓から山や野原、家々の間にたくさんの花を見ます。 「止まって!」とは言えないので なかなかうまく写真が取れません。 そんな花です。 ニセアカシア(ハリエンジュ) フジ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登の旅 最終回

長くなりました能登の旅も今回で最後になります。 お付き合いいただいてありがとうございました。 めったにしないツアー旅行にだいぶ興奮してしまったようです。    能登金剛を巡って最後は 羽咋海岸に広がる 千里浜なぎさドライブウェイを走ります。 世界でも珍しい海岸線を普通のクルマで走る…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

能登の旅 3日目その1

天候の変化の多い能登半島での3日間は それは見事に晴れ上がった3日間でした。 外海の切り立った断崖を見て回りました。    日の出前、山々には雲海が広がり、 薄く広がった雲の向こうに太陽が太陽が赤い顔を見せてくれました。 能登の峻烈なイメージを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登の旅 2日目その2

輪島から半島の先端へ向かいます。 能登の荒海と美しい海岸美が続くところです。 昔ながらの製法で海水を砂に撒いています。 タゴ(担ぎ桶)で海の水を運び その海水を撒く 大変な重労働です。   煮詰めに煮詰めると塩が鍋の中にあらわれてきます。 できた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

能登の旅 2日目その1

能登の旅2日目の最初は輪島の朝市見学。 今回の目的の一つは輪島塗の品を買うこと。 楽しみに サー出発です。 出発してすぐ高い煙突にコンクリートの大きな建物が見えてきました。 北陸電力・志賀原子力発電所です。 写真右側が1号機、左側が2号機 以前は発電…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

能登の旅 1日目

観光旅行、いわゆるツアー旅行はほとんどしないのですが、 どうしても行ってみたくて能登半島の先端を旅してきました。 上田までは新幹線、その先はバスというお決まりのコースでした。 タニウツギ 白いニセアカシアの花とピンクのタニウツギ そして薄紫の藤の花 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿沢園地 遊歩道に咲く花

野草園から戻ってきたのが朝7時。 ちょうどガイド付きの朝のお散歩が始まる時間でした。 急いで後をついていきました。 ほんのわずかの距離でしたが、遊歩道を歩きながら、 遊歩道の見どころを説明されます。 その間に見かけた花たちです。 ツルキケマン …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿沢園地 野草園 4

下界は”暑い””暑い”を連発する日が続いていますが、 湯の丸高原ではアカトンボが飛び交い、ススキの穂が出て、 秋の気配が漂っていました。 夜も窓を開けていると肌寒ささへ感じました。 クサフジ やはりここにもコオニユリの鮮やかなオレンジ色が・・・・ タ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿沢園地 野草園 3

狭い野草園には驚くほどたくさんの花が咲いています。 どうして1か所にこんなにたくさんの花が咲いているのか不思議です。 ツりガネニンジン オヤマボクチ シナノオトギリ シシウド 朝日が山の端を照らし始めました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿沢園地 野草園 2

シラヒゲソウ 初めて見た花です。 花びらの周りにひげをはやしたようです。 真っ白できれいな花でした。 ヨツバヒヨドリ アケボノソウ やっと咲き始めたばかりのようで つぼみをたくさんつけています。 そんなに広くない野草園の中に日の字の形…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

鹿沢園地 野草園 1

旧鹿沢温泉近くに鹿沢園地があります。 キャンプ場や遊歩道が整備され、その中に1晩の宿とした休暇村鹿沢高原があります。 そして 村上山の裾野に野草園があります。 早朝 散策してみました。 数えきれないほどの野草の花が咲き乱れています。 順不同で載せていきます。 村…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

湯の丸高峰林道から湯道へ

ヤマオダマキ 湯の丸高峰林道は夕方5時から翌朝7時まで 高峰側と湯の丸側のゲートが閉められ 通行できなくなります。 道の両側に次々と花が姿を見せてくれます。 そのたびに車を止めて・・・・     クサボタン クガイソウ ツリガネニンジン …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

池の平東篭の登山((ひがしかごのとやま)1

昨年秋に訪れた池の平、湯の丸山に夏再び訪れました。 どこを歩いても夏の高山植物の花が咲き乱れていました。 余りの花の数にこのシリーズは何回になるかわかりません。 まず最初は 池の平湿原反対側にある東篭の登山、西篭の登山に上りました。 2000mの登山口から2250mの山頂まで写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬬恋村のキャベツ畑

湯の丸池の平を歩いてきました。 どこを歩いても夏の高山植物の花が咲き乱れていました。 今写真の整理中ですが、その前にちょっと回り道。 山の上から緑色の畑が広がっているのが見えて、 嬬恋ならキャベツ?? つまごいパノラマラインを走るとありました。 道の両側から山の斜面まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉原ラベンダーパーク

群馬県沼田近郊の玉原高原。 スキー場のゲレンデがいまラベンダーの香りでいっぱいです。 目の前にはマリーゴールドの黄色、赤と紫のサルビアの鮮やかな縞模様 ほとんどの人は傍のリフトでさらに上のゲレンデに向かいます。 風が吹くたびに フワッーと香りが漂います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山の辺の道 6 いよいよゴール 大神神社へ

木々が生い茂り薄暗い山の中の道を上り下りしながら 狭井神社を目指します。 大神神社の御神体の三輪山のふもとです。 またまた萩の花が見かけられました。 狭井神社 本社の荒魂をおまつりしていて、 古くより、華鎮社(はなしづめのやしろ)と称され、 病気を鎮める神とし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の辺の道 5 檜原神社と玄賓庵

大和は国のまほろば ただなづく青垣          山ごもれる大和し うるわし(古事記) 桧原神社までの「山の辺の道」は、 集落と山の斜面の果樹園や田畑が交互にあらわれ、道幅も広い。 右手にミカンや柿などの果樹園の緩やかな丘陵が広がり、 その向こうに大和盆地が広がっていて広々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more